2007年11月15日

猫ちゃんの不調を手で探す方法

先ほど『ネコちゃんの調子の悪いところをスキャンしてみよう』に書いた続きです。

私が気功を習い始めたときによくあった、
本人の痛がっているところと手で探って悪いと感じたところが違う場合がある
ということ。

本人は首から肩にかけて痛いといっているのに、
ハンドスキャンすると肩甲骨のあたりに違和感を感じるのですね。

解剖学を学んでいくと、肩甲骨まわりの筋肉の緊張が四十肩・五十肩の原因だということが解ってくるのですが、習いたての頃はそんなこと分かりません。

でも、こういうこと良くあるんです。

続きを読む

ニックネーム 猫のマッサージ屋さん at 17:16| Comment(5) | マッサージの流れとやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ネコちゃんの調子の悪いところをスキャンしてみよう

ものすごい久々に書きます・・・m(__)m
やっとかめです。。。^^;(名古屋弁で「おひさしぶり」という意味です)


ネコちゃんが健康かどうか、
もしくは猫マッサージするのに、
どこをマッサージしてあげればいいんだろうと
判断に迷うときにハンドスキャンする方法があります^−^

ハンドスキャン・・・?

怪しいですよね〜^^;

でも、カイロプラクティックでも、気功でもやる方法なんです。
続きを読む
ニックネーム 猫のマッサージ屋さん at 16:24| Comment(0) | マッサージの流れとやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

猫の口臭





うちの猫はしばらくかまっていなかった間に
口臭がひどくなり、毛づくろいした体も
唾液の悪臭でひどかったものですが、

猫マッサージを始めてからは、いつの間にか
口臭がしなくなりました。

特に変わったことはしていません。
ただ、よくなでていただけです。

・・・それだけじゃ不親切ですね^^;
ツボで言うと、下の写真のツボをよく刺激していました。
ツボ.jpg

大椎は肩甲骨と肩甲骨の間から少し上にあります。
熱を下げたり、炎症を鎮めたりするツボです。
口内炎に効果があります。

口内炎
症状:・舌や歯肉、口腔の粘膜などが炎症を起こし、
    赤い腫れ、ただれ、潰瘍になったりする。
   ・口の中が白くなることもある。⇒真菌感染の疑い
   ・出血することもある。
   ・よだれ、口臭
   ・食欲不振 ⇒痩せて体力低下、脱水症状
原因:@猫エイズ・ネコ白血病・ウイルス鼻気管炎などにより免疫力低下で
    細菌や真菌に感染して口内炎になることもある。  
   A腎臓病・糖尿病などの病気で免疫力低下してなることもある。
   B歯垢・歯石
   C口の中の異物・口内への刺激
    (骨が刺さったり洗剤・薬剤をなめてしまったなど)
   D栄養不足(ビタミンA不足)


脾愈は背骨をはさむようにもんでいると、
背中の上半分にはあばら骨を触れます。
真ん中から下は肉だけだなあと触って分かれば
その境目を探してください。
(あばら骨を痛めないように強すぎない程度に)

あばら骨の最下部を見つけたら、
そこから指2つくらい上の背骨の両側にあります。

分からない場合は背中の真ん中からやや上の辺を
よくつまみもみすればOKです。

この近辺は内臓のツボがたくさんありますので、
多少ずれても、内臓の刺激になりますので
猫ちゃんが嫌がらなければ、
できるだけマッサージしてやるのを習慣にしてやると良いでしょう。

膀胱愈は尻尾の付け根近辺。
たまった毒素をおしっこでたくさん排出させましょう。

うちの子の場合、よくなでてかまうようになったことで
精神的に安定したことも大きかったかもしれません。
人間でもストレスで胃の調子が悪くなったりしますモンね。

(脾愈は漢方で胃とすごく関連のある場所なんですよ。)

もちろん、歯茎のチェックも忘れずに。
猫にも歯周病があります。
口の中の雑菌が体内に入って病気になる場合もあります。

指に巻いたガーゼや素手でこすってきれいにしてやってください。

心配なときは獣医さんに診てもらいましょう。
ニックネーム 猫のマッサージ屋さん at 17:48| Comment(6) | TrackBack(7) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

猫の風邪・鼻炎

猫の風邪はウィルス性鼻気管炎といいます。

症状は、まず、目やに・涙など目から出てきます
そして鼻水、くしゃみ、咳、よだれ、お腹にくる風邪もあります。
(人間も胃腸風邪がありますね)

うちの子は目・鼻が弱いので風邪薬を飲ませてしばらくはいいんですが、
すぐまた目・鼻にくるのでアレルギーっぽいです。

この子を拾ってきたときも目やに鼻水がひどく、膿をもった鼻水・くしゃみをするので、
風池.jpg続きを読む
ニックネーム 猫のマッサージ屋さん at 18:11| Comment(14) | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

猫の膀胱炎/下部尿路症候群

肉球マッサージ


猫の骨格図.jpg

猫の膀胱炎/下部尿路症候群

@去勢したオス猫でAドライフードを食べている
B室内飼いのC太り気味の猫ちゃんがなりやすい病気です。

神経質な子にも多いようです。

続きを読む
ニックネーム 猫のマッサージ屋さん at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする